gadgetsearcherの日記

ガジェットに目が無い私の製品レビューや日々の出来事を綴る。

【レビュー】真空管プリメインアンプ・TRV-A300SER

 筆者は普段からクラシック、ジャズ、アニメソングと多様な音楽を聴いていた。最初はBOSEの1万円くらいするイヤホンで満足していた物だが、いつしか「原音への忠実性」なんてものを求めだして、最終的にゼンハイザーのHD800という高価なヘッドホンを使うようになった。しかし、ここまでしても満足には至らなかった。なぜなら、ヘッドホンやイヤホンで聴く音は頭の中で鳴っているような感覚…そう、実際にホールで聴く演奏とはほど遠いものであったからだ。ではどうしたら良いのか。音楽を聴く方法は大きく分けて2つ有る。ヘッドホンで聴くか、スピーカーで聴くか、だ。前者は手軽さが、後者には音の広がりがあると言う。私はスピーカーを開拓することにした。

 クラシックやジャズを聴く…と言っても、広いダイナミックレンジを必要とする上に聞き入ってしまいがちなこのジャンルを聴く頻度はアニメソングと比較するとやや低い。そこで、今回はボーカルの音の出方にこだわってスピーカー・プリメインアンプを選ぶことにした。そこで、今回はトライオード真空管プリメインアンプ「TRV-A300SER」のレビューだ。トランジスターと比較してデメリットが多く時代遅れとされる真空管アンプだが、このアンプにしか出せない独特な音色がそこにはあった。

 

 

・デザイン

 真空管アンプは真空管の寿命があるため、メンテナンス性を得るために真空管が殆どの場合剥き出しで配置されている。ゆえに、このアンプも剥き出しになっており、見た目は平均的なものと言えるだろう。塗装はワインレッドで少し目立つかもしれない。色の観点さえクリアー出来れば誰もが受け容れられるデザインだろう。真空管を保護するためにカバーが取り付けられているが、このカバーは少し持ち上げるだけで簡単に外すことが出来る。外した方が真空管が直に見えて良いと思うが、泥酔すると発熱した真空管に触れてしまう可能性があると言うならカバーは外さない方が賢明だろう。真空管は暖めて放電現象を起こすことで機能する。狭い部屋ならこのアンプだけで暖房出来てしまう程の放熱がある。

 重さは16kgある。設置する際に腰を痛めないように気をつけよう。

 尚、オーディオショップによれば製造は中国で、設計は日本だという。

 

TRV-A300SER

 

カバーを付けた姿。熱された状態でもカバーがあれば安全。

 

TRV-A300SER

カバーを外した姿。こちらの方が外見が真空管が直に見られて気に入っている。

 

・操作性

 操作方法は至ってシンプルだ。まず電源を入れる。電源を入れると電源ランプが点滅する。点滅が収まると音が流せるようになる。ツマミは2つあって、1つが音量調節、もう1つはINPUTの選択だ。トランジスターアンプのように音色を変えるようなことは出来ないが、真空管アンプを選ぶ人間はそもそも真空管の音が聴きたいのだろうし、真空管を別の物に変えることで音の変化を得ることが出来る。問題ないだろう。このモデルは音量調節用のリモートコントローラーが付属している。私は使わないから開封すらしていないが、もしオーディオラックが遠くてもこれで音量調節に困ることはないだろう。

 入力はRCAが背面に2組、前面に1組ある。前面についているとiPod等と接続する際に便利だろう。そしてもう一つ背面にPhono入力がある。

 ヘッドホン出力が前面にあるからヘッドフォンアンプとしても使用することが出来る。端子は標準のフォーンプラグに対応している。

 

・音質

 私はオーディオショップの勧めで最初から装備されているはずの300B真空管ではなく、オプションで選択できる「WE300B」という米国ウェスタンエレクトリック社が製造していた真空管のレプリカである「PSVANE WE300B」を搭載したものを購入した。したがって、音質のレビューは「PSVANE WE300B」を搭載したTRV-A300SERのものになる。

 一言で言えば、トランジスターアンプにはない「響き」の乗った音といえる。「響き」という判然としない言葉を用いるのは筆者としても良くないと感じているが、この表現が最も的確に思えるのだ。金属を叩くと「キーン」と音が響く。その残響音の「響き」が音楽の中に含まれる…些か言い過ぎに思えるが、大体正しいと思う。これが真空管アンプの音だ。響きの乗った音からは暖かみとでも言おうか。正確さからはやや離れてしまうが、聴いていて心地の良い音がする。

低音は下から響いてくる感じで、キレや力強さとは無縁の音である。だが、全く低音が出ないと文句を言いたくなるほどではない。しかし、トランジスターアンプと比較すると低音が少ないことは事実だ。

中音、特に女性のボーカル部分は艶のある、やや前に押し出された音になる。女性ボーカル曲をよく聴く人にとってはとても良い特性だと思う。まるで目の前にボーカルが居るかのように感じられる。これは一聴の価値のある音だと思う。アニメソングにも良い特性に思えた。言葉では伝えきれない部分があるから是非自分の耳で聴いてみて欲しい。

この真空管アンプの最大の美点はこのボーカルの艶やかさにあると思う。

 高音は伸びのある繊細な音だ。勿論その中に響きが含まれる。

 まとめると、独特の響きをもつ中高域、特に中域が押し出された音だ。中高低のバランスを重要視する人にとっては悪い選択になるが、雰囲気やボーカルを楽しみたい人には良い特性だろう。

 

・パワー

 このアンプは300B真空管のシングルアンプであるがゆえに出力が8W+8Wと低めになっている。一般家庭での再生なら何ら問題ない値だが、オーケストラなどのダイナミックレンジを必要とする音楽には使用するスピーカーの能率によってはパワー不足になるかもしれない。したがって、なるべく能率の高いスピーカーで使用することを薦めるが、ボーカル曲しか聴かないようなら気にする必要は無いと思う。

 

・総評

 アニメソングを聴くために実売20万前後もするアンプを購入するのもどうかと思ったが、満足度はかなり高く、私の試聴環境を一つ上のレベルに引き上げてくれたように思う。何と言ってもボーカルの音がとても良く、リスニングルームを心地よい音楽で満たしてくれる。音楽を楽しませてくれるアンプだ。「原音への忠実性」からは離れてしまったが、結局の所自分の好みに合わせた音を聴くことが一番なのだと今回のアンプ選びで思った。

 ただ、真空管アンプ―しかもこのアンプはA級アンプ―なので発熱がとても大きく、夏場はクーラー無しには使えないほどである。冬場には丁度良さそうだ。この点をどうにかしないと「暖かい季節は使えない」。冷房もアンプも…となると電気代も嵩むだろう。

 だが、その代わりにヒーターに暖められて発光した真空管を眺められるという特権が得られる。その光を見るだけでどこか郷愁を覚える。視覚的にも楽しませられるアンプなのだ。

 トランジスターアンプには無い暖かさと、独特な音色を持ったアンプだった。

 

TRV-A300SER

電源を入れると真空管が発光する。