読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gadgetsearcherの日記

ガジェットに目が無い私の製品レビューや日々の出来事を綴る。

写真撮影―「浜名湖佐久米駅」にて

日記

Hamanako-Sakume Station

 私は休暇を利用して天竜浜名湖鉄道の「浜名湖佐久米駅」を訪れた。この駅のホームからは浜名湖と、その景色を遮るかのように東名高速道路の高架が敷設されている。一見すると何の変哲も無いこの駅であるが、調べてみると面白いことに写真の撮影スポットとして有名であることが分かった。

 

お世辞にも景色が良いとは言えないであろうこの駅に一体何があるのだろうと思い調べてみると、ユリカモメの餌付けがされていて電車(正確には一両編成のディーゼル車だ)とカモメの写真を撮ることが出来るのだという。

 

 餌がまかれる時間より30分ほど早く駅に到着した私は構図の確認をしようとホームへ侵入した。そこで見たのは前述した景色と―平日だからきっと餌を撒く人(以後A氏と呼称する)しかホームにいないだろうと踏んでいたのだが―驚くことに既に待機していた15人ほどの写真家達が居た。人混みの苦手な私は見事に出鼻を挫かれてしまったのだった。撮影場所に入ってすぐにA氏に声をかけられ、少し話をすると信じられないようなことを言われた。なんと、これでも人が少ない方だと言うのだ。こののどかな田舎に大勢の写真家が狭い無人駅にひしめき合っている所を想像するとぞっとした。写真家達の話を盗み聞きしてみると、どうやらある写真集に載った場所らしくそれ以来有名になったということらしかった。A氏によればこの日は暖かいために普段よりカモメの数が少ないらしい。万全の状態を撮影できないのは少し残念であったが、できる限りそれが気にならないようにシャッターを切った。

 

Hamanako-Sakume Station ver.2

 

電車の来る方向を勘違いして私だけ逆方向にカメラを構えていた所を慌てて直して撮ったが、最初から決めていた構図の通りに撮れたと思っている。他にも15人ほどの人達が躍起になってシャッターを切っているから、写り込まないように撮影するのに難儀したが、幸いにも写り込んだ写真は数枚だった。

 

 餌の撒かれる時間は午前中で「下り10時32分、上り10時52分」午後で「下り14時28分、上り14時50分」だと言う。マイナビニュース(http://news.mynavi.jp/articles/2013/02/07/hamanakosakume/)によれば”毎年11月から3月頃までカモメを見ることが出来る”ようだ。

 駅が狭いので、なるべく広角のレンズを付けて撮影に臨むことをお薦めする。尚、駅から出るときに気がついたのだが、構内にある看板によれば三脚の使用は禁止されているとのことだった。私はそれを知らずに三脚を持ち込んでしまったので、あとから落ち込むことになった。これからは撮影場所の注意書きをしっかりと確認しようと思う。

 地元にこういう場所があると分かって充実した休日を満喫できた。