gadgetsearcherの日記

ガジェットに目が無い私の製品レビューや日々の出来事を綴る。

【レビュー】Canon EOS Kiss X7i

 私はつい最近、友人からキヤノンデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7i」を頂いた。高価な物なので大変驚いたが、先日愛用していたRICOHの「GR DIGITAL4」のセンサーに塵が侵入してしまったため、修理に出すか買い換えるか迷っていたところだったので大変感謝している。ということで、今回は「EOS Kiss X7i」のレビューだ。

 

 

・デザイン

 GR DIGITAL4と比較すると大きくて無骨に見えるが、一眼レフカメラの中では小柄な部類に入る。ボディの質感はプラスチックの良くも悪くもチープな感じで、その恩恵なのか、ボディの重量は525gとデジタル一眼レフの中ではかなり軽い部類となっている。腕力に自信の無い私にとって大変に嬉しい点だった。携行性という点でもGR DIGITAL4には及ばないが、軽量で小柄なおかげで持ち出すのが億劫だ…という思いをしていない。しかし、この材質のために、重いレンズを取り付けた際ボディに負担がかかって壊れてしまわないかという不安がある。堅牢さという点ではマイナスな印象がある。

この機種はバリアングル液晶を搭載しているため、私のように上に向けられた望遠鏡に取り付けた状態でライブビュー(ファインダーを覗かず画面で像を確認する機能)を利用する場合に便利だ。その他では自分撮りやアングルを変えた撮影で威力を発揮すると考えられる。

撮影モードを変更するモードダイヤルや各種ボタンの配置はGR DIGITAL4と変わらない程度の使い易さにあると思う。

 

・操作性

 使いにくいと感じたことは全くない。モード変更時に画面にモードに対する説明が短く表示されるために、初めて使うモードでもある程度の使い方が分かる。そのため使い方が分からなくて困ったことは無い。その上、この機種はタッチパネルを搭載しているため、直感的な操作が可能だ。画面が読めない場合でなければ使いこなすことは難しくないだろう。絞り・ISO・シャッタースピード・AF測位点の4つが最も操作する部分だと思うが、この4つは全て右手親指と人差し指で操作できる。

他メーカーと比較した経験が無いためはっきりと断言は出来ないが、元GR DIGITAL4ユーザーとしては、まとまっていて使い易い作りになっていると思う。

バッテリー駆動時間は、宇宙博2014へ行って5時間以上使用しても余裕があったから私が使用する分には全く問題ないレベルだと思う。航空祭の連射を多用するような撮影(1300枚程度撮影した)でも余裕があった。

 AFの精度は「まあまあ」。狙ったところへしっかり合うこともあれば、なかなか思うように合わないこともある。7割程度の確率で合う感じだろうか。ここぞという時に合わないことがあるかもしれないが、大抵のシーンでは問題なく動作すると思う。

 

・画質

 GR DIGITAL4と比較するのは酷だと思うが、センサーサイズなりの違いが現れているように感じられた。A3サイズに写真を印刷したことがあるが、荒さは感じられなかった。画素数的な意味での画質は問題ないレベルにあると言える。

色味はRAW撮影ならあとから変えられるため、大して気にしていないが、JPEGではGRのほうが空の色は好みだ。キヤノンの方は記憶の中にある色をさほど強調せずに出した色…といった感じだろうか。よく「キヤノンは記憶色」なんて文句を聞くが、まさにその通りだと思う。

ボケ味も圧倒的に「EOS Kiss X7i」に軍配が上がる。これもセンサーサイズ由来のものだが、レンズを交換出来るという点もあるのだろう。レンズによって様々なボケ味が楽しめる。

連写性能は5枚/secと、動体撮影には少々物足りない数字かもしれないが、航空祭でも「満足」とは行かないまでも、少しは見られる写真が撮れた。一般的な使い方をしていればこういった不満はまず出ないが、動体撮影が中心になるのが事前に分かっているのなら、予算と相談して上位機種を検討するべきなのかもしれない。参考までに私がこの機種で航空祭にて撮影した写真を見てみて欲しい。決定的な瞬間を逃してしまうことがあったが、概ね撮りたい絵が撮れている。


エア・フェスタ浜松2014 - an album on Flickr

 

【修正版】エア・フェスタ浜松2014前日観覧

 焦点距離300mmを使用して撮影した航空祭での写真。鮮やかな空の色を再現している。

 

稲穂

 焦点距離221mmで撮影した稲穂。被写体が強調されている。

 

・総括

 軽くて小柄で操作性も高い。エントリー機としては良い製品なのでは無いかと思う。しかし、堅牢性という点では…というのがこの製品への印象だ。私は航空祭でテレ端300mm重さ1kgのレンズを使っていのたが、いつかもげてしまうのではないかという恐怖を感じた。尤も、それはただの杞憂であって余程のことが無い限りそんな事態にはならないのだが…丈夫で無いことは頭の片隅に入れておくべきだと思った。

基本操作(AFとか絞りとかシャッタースピードとか…)を覚えればあとは説明書無しで使いこなせる程に画面上に説明が表示されるから、デジタル一眼レフカメラが初めてという人が真っ先に候補に挙げてもいいカメラだと思う。詳しい人からすれば「そんなこと言われないでも分かっている」と苛つくこともあるのかもしれない。そんな丁寧さが感じられた。シャッター音やホールド感については、実機に触れて確かめてみると良いと思う。私はこの点で不満は無い。

 私は現在3本のレンズを所有している。キットレンズとして付属した「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」、そして新たに買い足した2本「EF50mm F1.8 II」と「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」だ。これらのレンズについては次回にレビューを書く予定だ。

 

lens

これらが現在保有しているレンズだ。あとは明るい広角レンズが欲しいところ。

 

 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMの性能は微妙なので18-55㎜のキットの方が良いように思える。どうしてもズームが欲しい場合に135㎜を選択すると良い。