gadgetsearcherの日記

ガジェットに目が無い私の製品レビューや日々の出来事を綴る。

【レビュー】イラスト製作に役立つガジェット

どうも。絵が上手くないgadgetsearcherです。
最近絵を描き始めたのですが、その過程で面白いガジェットに遭遇したので紹介します。

続きを読む

【レビュー】マクロリングライト MR-14EX II

本日は2014年にキヤノンから発売されたマクロリングライトMR-14EX IIのレビューです。

マクロリングライト MR-14EX IIとは読んで字の如く、マクロ撮影を行うための道具です。
対象の物体の写る範囲全体をまんべんなく照らします。

続きを読む

【レビュー】Nixie Watch

f:id:gadgetsearcher:20161009020220j:plain

 米国のCathode Cornerから輸入して購入した腕時計「Nxie Watch」をレビューする。

 

続きを読む

【レビュー】真空管プリメインアンプ・TRV-A300SER

 筆者は普段からクラシック、ジャズ、アニメソングと多様な音楽を聴いていた。最初はBOSEの1万円くらいするイヤホンで満足していた物だが、いつしか「原音への忠実性」なんてものを求めだして、最終的にゼンハイザーのHD800という高価なヘッドホンを使うようになった。しかし、ここまでしても満足には至らなかった。なぜなら、ヘッドホンやイヤホンで聴く音は頭の中で鳴っているような感覚…そう、実際にホールで聴く演奏とはほど遠いものであったからだ。ではどうしたら良いのか。音楽を聴く方法は大きく分けて2つ有る。ヘッドホンで聴くか、スピーカーで聴くか、だ。前者は手軽さが、後者には音の広がりがあると言う。私はスピーカーを開拓することにした。

 クラシックやジャズを聴く…と言っても、広いダイナミックレンジを必要とする上に聞き入ってしまいがちなこのジャンルを聴く頻度はアニメソングと比較するとやや低い。そこで、今回はボーカルの音の出方にこだわってスピーカー・プリメインアンプを選ぶことにした。そこで、今回はトライオード真空管プリメインアンプ「TRV-A300SER」のレビューだ。トランジスターと比較してデメリットが多く時代遅れとされる真空管アンプだが、このアンプにしか出せない独特な音色がそこにはあった。

 

続きを読む

写真撮影―「浜名湖佐久米駅」にて

Hamanako-Sakume Station

 私は休暇を利用して天竜浜名湖鉄道の「浜名湖佐久米駅」を訪れた。この駅のホームからは浜名湖と、その景色を遮るかのように東名高速道路の高架が敷設されている。一見すると何の変哲も無いこの駅であるが、調べてみると面白いことに写真の撮影スポットとして有名であることが分かった。

続きを読む

【レビュー】レンズ4種比較

 前回のブログで「レンズのレビューをする」と発言したのでその通りに、レンズのレビューを書こうと思う。
レンズの詳細なスコアや構造的な話は専門サイトのレビューを見れば瞭然であるから、ここでは厳密な違いは求めず、使用感について述べることとする。

 

続きを読む

【レビュー】Canon EOS Kiss X7i

 私はつい最近、友人からキヤノンデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7i」を頂いた。高価な物なので大変驚いたが、先日愛用していたRICOHの「GR DIGITAL4」のセンサーに塵が侵入してしまったため、修理に出すか買い換えるか迷っていたところだったので大変感謝している。ということで、今回は「EOS Kiss X7i」のレビューだ。

続きを読む